NHKテレビ番組でてんかんの声募集しています

日本てんかん協会から以下のアナウンスがありました。以下、日本てんかん協会のサイトからの引用です。


9月23日(水)のNHK「ハートネットTV」において、てんかんが取り上げられる予定です。

「#隣のアライさん」の枠として、特に「人間関係」の視点から一般の皆さんに、てんかんのある人たちが多くの支援を受けながらてんかんとともに暮らせている、そんなメッセージを発信する企画です。

そこで、てんかんのあるご本人からの体験談「みんなの声」急募しています。

<例えば>
・てんかんがあることで、こんな体験をした。
・実は、こんなことが不安でたまらない。
・家族、友人、同僚、専門職…、こんな人がいてくれたのでこうして頑張れている。 など…。

※てんかんがあることは結構大変なんだよな…、
そんな中でもこんなステキな出会いや支えもあって感謝している。こんな生のエピソードが、番組の中で活かされます。

投稿は、下記「ハートネットTV」の専用サイトから、お願いします。
https://www.nhk.or.jp/heart-net/new-voice/30/

「てんかん月間」(10月)直前のタイミングで、てんかんについて多くの皆さんに触れていただく良い機会になればと、協会も企画に協力をしています。

多くの皆さまが声を寄せていただくとともに、てんかんのあるご本人や関係者のみなさんへの拡散にもご協力ください!!


(引用終わりです。引用元は、https://www.jea-net.jp/news/8642です。)

むさしの国分寺クリニック
加藤昌明

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする